確かな絶縁技術でパワエレの未来を支える
Homeサイトマップ

日本パルス工業株式会社

お問い合わせはお気軽に:03-0549-2111 お問い合わせフォーム

Home > 会社情報 > 沿革

会社情報

沿革

昭和35年 8月 東京都豊島区内にキャンドル商事株式会社を設立
電気部品の輸出業務を開始
昭和39年 5月 ジェーピーシー株式会社と商号を変更し、中野区内に工場を新設
特殊トランス、パルスユニットの製造を開始
昭和39年10月 パルストランスSDシリーズの製造、販売を開始
昭和45年 5月 ジェーピーシー株式会社の産業機器用トランス部門を分離独立させ、パルス部品の専門メーカーとして日本パルス工業株式会社を設立
昭和46年11月 モールド型パルスユニットの製造、販売を開始
昭和48年11月 高周波高耐圧パルストランスの製造、販売を開始
昭和50年 3月 モールド型高周波パルストランスとモールド型ゲート駆動ユニット等が国鉄、私鉄の車載用部品として採用
昭和53年 1月 DC-DCコンバータ、スイッチングパワートランス、チョークコイル等の製造、販売を開始
昭和56年 5月 アイソレーションアンプの製造、販売を開始
昭和60年 1月 東京都練馬区に生産部門を移転。パルス事業本部を開設
昭和60年 9月 パワーMOSFETゲートドライバーの製造、販売を開始
昭和63年 3月 表面実装用チップトランスの製造、販売を開始
平成 2年 2月 IGBTゲートドライバーの製造、販売を開始
平成 3年 7月 福島県古殿町に福島工場を新設
平成 5年 7月 GTOゲート駆動用高周波高耐圧パルストランスの製造、販売を開始
平成 6年 2月 乗算機能付きアイソレーションアンプの製造、販売を開始
平成 8年10月 業務拡張の為、福島工場を移転、新築
平成13年 7月 高精度DCPT量産開始 1,000KVA~2,000KVA用ゲートドライバー納入開始
平成18年 5月 SiC-FET素子用ゲートドライバー試作納品
平成22年 3月 福島工場環境マネジメントシステム「みちのくEMS」を取得
平成22年 4月 福島工場1棟増設
平成26年 7月 高精度型DCPT累計50,000台納入達成
自給型DCPT累計50,000台納入達成
平成26年 7月 SiC-FET用ゲートドライバーの製造・販売開始
平成29年 4月 福島工場1棟増設

 

このページのトップへ戻る